写真をSNSに投稿する時の注意点

SNSの理解を深めて賢く使いこなすためのお役立ち情報サイト

SNSに潜むリスク

情報漏えいは意外な所から!?

SNSは他者との交流ツールとして便利な反面で、プライバシー保守の観点から見れば多少のリスクも潜んでいます。
GPS機能による「位置情報」以外で個人情報が漏えいしてしまう原因でまず挙げられるのが、写真に写っているものから場所が特定されるということです。

リスクを回避する為、まずは写真を投稿する際、個人情報が割り出されるようなものが写っていないか一回確認したほうがよさそうですね。
例えば、写真の背景、建物、そしてミラーなど写っているものなど細部にも気を付けたいものです。
さらにはスマホなどで撮った写真はパッと見て問題なくても拡大して個人情報がわかるようなものが入っていないか念のため確認しておいた方がよいでしょう。

なりすましによるトラブル

もう一つのリスクには投稿した写真を勝手に利用され、あたかもあなた本人の投稿かと騙す「なりすまし」の被害にあってしまう可能性があるということです。
インスタやツイッターは面識のない不特定多数の人を相手に交流を図るものでもあるので、写真を巧妙に利用し、投稿しているのが本人だと思わせて騙し、事態が知らない間に深刻化していた、なんてこともあります。

このような自分の「なりすまし」が発覚したら、なるべく早急に友人や知人にこの事態を知らせ、友人への被害を防ぎましょう。
さらにサービス会社にも報告して、その「なりすまし」アカウントを削除しましょう。
匿名性ゆえ、便利な反面、うそが発覚しにくいということを頭の片隅において、自分とSNSとのいい距離感をつかみ、サービスを賢く利用したいものですね。