写真をSNSに投稿する時の注意点

SNSの理解を深めて賢く使いこなすためのお役立ち情報サイト

デジタル画像の持つ位置情報

デジタル写真に含まれる個人情報

ひと昔前、写真と言えば、フィルムで撮る画像のことでした。
今でもフィルムは写真愛好家を中心に根強く愛されていますが、加工ができ、現像しなくてもPCやスマホさえあれば画像を他人と共有できるので多くの人はその利便性からデジタル写真を多用していると思います。

デジタル写真とはデジタルカメラやスマートフォンなどで撮影された画像のことを指しますが、このデジタル写真には単なる人物や風景の画像だけではなくGPSにより、どこで撮影したのかという「位置情報」などがデータとして処理され、記憶されています。
その位置情報から自宅、子供が遊ぶ公園の場所、勤めている会社、学校、よく利用する施設などさまざまな場所が特定できる情報が得られます。

SNSとデジタル写真の関係

SNSに画像をアップする際、その写真に含まれる個人情報はどうなるのでしょうか。
住所などの情報を友人ではなく、見ず知らずの人に公開すると、ストーカーや犯罪の被害に合うリスクが高まってしまうので個人情報を駄々洩れにすることだけは避けたいですよね。
そこでSNS利用時の「位置情報」について調べてみたところ、安心できる情報を得られました。
それはSNSに画像を載せるとき、その写真にある位置情報などは主要のSNSではサービス会社の方で削除してくれているということです。

ここで一点、注意していただきたいのは「主要なSNS」と限ったことです。
ライン、インスタ、Twitter、Facebookなどの主要なSNSでは「位置情報」などは削除されていますが、サイトによっては削除されないものもあるので、そのようなサイトでは写真の使用は避けるのが無難といえるでしょう。