写真をSNSに投稿する時の注意点

SNSの理解を深めて賢く使いこなすためのお役立ち情報サイト

SNSにはどのようなものがあるのか

写真をSNSに載せたら制限なく公開!?

ここではSNSに投稿した写真は誰のものとして扱われるのかについて見ていきましょう。
まずはじめに写真の著作権についてです。
SNSに使用した写真の著作権について調べてみたところ、その著作権自体は写真を撮影した人ですが、それをSNSに載せた時点で利用するサービス会社が自由に使用できることになっているようです。

つまり写真は自分のものだけど、そのSNSを利用している他人も自由に使うことができてしまうということです。
これにより見ず知らずの人に写真を転用される事態が起こるのです。
もしこのような転用を避けたいのであれば、SNSに載せないか、転用されても自分にとって害のないものを使うなど割り切って付き合っていくしかないようです。

他人のプライバーについて

先ほどは、自分の権利にかかわる著作権について述べましたが、今度は他人のプライバシーにも関わる肖像権についてまとめてみました。
例えば、自分がSNSに投稿した写真に他人が写っていた場合を考えてみましょう。
いわゆる写り込みについてですが、人間にはその個人の容姿や姿を許可なく撮影され使われてプライバシーを侵害されないために肖像権というものが定められています。

写り込んだ人物が誰なのか特定できないようなものであれば、この肖像権を侵害したことにはならないのですが、その人物がはっきりわかるようなものなら問題になってしまいます。
写真に写り込んだ人が見ず知らずの人の場合、SNSに使っていいのか確認をとることはできないのでモザイクや加工を施して、他者の肖像権を守ってサービスを利用しましょう。